がん保険の前に「がん」を知ろう

がん保険の前に「がん」を知ろう

がん保険を紹介する前に、がんとは何かをご紹介しましょう。人間の体は数十兆にものぼる細胞からできていますが、正常な状態では細胞自身が数を一定に保っており、増減することはありません。

しかし、細胞がなんらかの影響で細胞数を制御することができなくなると、細胞が増殖して腫瘍となります。腫瘍には良性と悪性の2つがありますが、悪性腫瘍が一般的に「がん」と呼ばれます。悪性腫瘍は成長速度が速く、全身に転移する怖れがあります。また、再発も多く、壊死や出血が多いため、全身へ非常に重い影響を与えます。

がんの発生に関しては諸説あり、明確な要因は明らかにされていません。しかし、細胞のDNAのある部位に変異が重なり起こることで発生すると言われています。つまり、遺伝子変異を誘発するウイルスや化学物質、放射線などががんの要因ということです。

また、がんは生活習慣病と言われるように、日々の習慣によっても発生します。中でも特に発生率が高いのが喫煙です。アメリカ国内ではたばこの消費量と肺がん死亡者数が比例しているという調査が発表されました。

高血糖や肉食、塩分など食事もがんの発生に関係していると言われています。喫煙ほどの確率はないにせよ、カロリー、脂肪の摂取が多い人は大腸ガンになりやすいという資料あるのです。

そして、ストレスも間接的な原因で、長期的にストレスを受けることにより免疫が低下して、がんを発生させるのです。

がんはどの場所に発生するかによって治療法が異なる場合があります。そのため、がんの発生確率が多い場所を予期して(肉食が多いため大腸ガンの危険性があるなど)、それを基準にがん保険を選定、オプションの有無などを選択するといいでしょう。キレイモキャンペーン

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。